フィードバック

私たちは、常にフィードバックし、そしてフィードバックをもらう。同僚、顧客、サプライヤーとの間で。フィードバックは、私たちの立ち位置や、何がうまくいっていて何がうまくいっていないのかについて、共通の理解を与えてくれるのである。アメリカ人はフィードバックをどのように扱っているのだろうか。


パフォーマンス

アメリカ人は、個人とプロフェッショナルを結びつけて考える。フィードバックは主にパフォーマンスに対して行われますが、それがどのように受け取られ、将来のパフォーマンスに影響を与えるかを考慮する。自分の仕事に対するフィードバックは、その人自身に対するフィードバックである。フィードバックは、その定義からして個人的なものである。

Patterns


褒める

アメリカ人は、自分自身をポジティブシンカー、モチベーター、セルフモチベーターとみなしている。褒める理由を探すのは、リーダーシップの表れである。実際、個人やチーム全体が苦闘し、敗北や自信喪失を経験しているときに、賞賛は最も有効な手段である。

そして、ほめることの具体的な象徴が、表彰という公的な承認である。アメリカ人は、良い仕事をすれば報われたいと思っている。大小さまざまな表彰式は、ポジティブなフィードバックの重要な手段なのである。

Patterns


批判

アメリカ人はミスを減らすことよりも、良い結果をもたらすものを強化することに重点を置く。アメリカ人はフィードバックを与える際、長所に集中する。批評は丁寧な言葉遣いで、外交的に行われる。

Patterns


慎重さ

アメリカのビジネスシーンにおける繊細なフィードバックの話し合いは、常に1対1で行われる。特にネガティブなフィードバックの場合、慎重さが非常に重要である。同僚がいる場でチームメンバーを公然と批判することは、あまり許容されない。

Patterns


スコア

フィードバックのスコアは、正確で十分に現実的であり、かつモチベーションを高めるものであるとき、最も効果的である。迷ったときは、アメリカ人はインフレになる。学校の成績表は Aは優秀、Bは非常に良い、Cは良い、Dは不満足、Fは失敗である。

Patterns